豚肉料理、「ヒレ」、「ばら」、「もも」、「そともも」を使おう

豚肉料理、「ヒレ」、「ばら」、「もも」、「そともも」を使おう
世界事情

「ヒレ」ってどんな場所、どんな料理にあうの?

ロースの内側にあり、豚肉の中で最もきめが細かく、やわらかい最上の部位 。
ロースと並んで豚肉の中で一番良質の部位でもあります。
脂肪は少なくビタミンB1を多く含み、低エネルギーな赤身肉。

どんな料理に向いている・・・トンカツやステーキ、ポークソテーなど
油を使った料理向きです。加熱しすぎるとパサつくので注意。

ところ変われば呼び方も変わる・・・小売店(豚ヒレ)、アメリカ産(テンダーロイン)、
カナダ産(テンダーロイン)、デンマーク産(テンダーロイン)

「ばら」ってどんな場所、どんな料理にあうの?

お腹の肋骨周りにある肉で濃厚な味の部位、赤身と脂肪が交互に3層くらいに
なっています。別名を三枚肉とも言います。
骨つきのものはスペアリブと呼ばれ、骨周辺の肉は特によい味です。

どんな料理に向いている・・・角切りにして、シチューや角煮、肉じゃがや
最近はしゃぶしゃぶなどにも人気。ベーコンの材料でもあります。

ところ変われば呼び方も変わる・・・小売店(豚バラ)、アメリカ産(ベリー)、
カナダ産(ベリー)、デンマーク産(ベリー)

「もも」ってどんな場所、どんな料理にあうの?

ヒレに次いでビタミンB1が多く、脂肪が少なくきめが細かい部位 です。

どんな料理に向いている・・・ローストポークやステーキ、焼豚など肉そのものの
味を楽しむ料理に。この部分をハムにしたのがボンレスハムです。

ところ変われば呼び方も変わる・・・小売店(豚もも)、アメリカ産(インサイドナックル)、
カナダ産(インサイドナックル)、デンマーク産(インサイドナックル)

「そともも」ってどんな場所、どんな料理にあうの?

お尻に近い部位 で、牛肉でいう「らんぷ」と「そともも」の2つの部位にあたります。
脂肪が少なく、柔らかい部位です。

どんな料理に向いている・・・ほとんどの豚肉料理に向きますが、肉色の濃い部分は
きめが粗いので薄切りにしたり、煮込みにむいているかもしれません。

ところ変われば呼び方も変わる・・・小売店(豚そともも)、アメリカ産(アウトサイド)、
カナダ産(アウトサイド)、デンマーク産(アウトサイド)

関連記事一覧

error: Content is protected !!