さまざまな素材

さまざまな素材

牛の希少部位、ホルモン・モツ編

正肉に希少部位があれば、当然ホルモン・モツにも希少部位があって良いですね。何が希少部位?と選別は、難しいかもしれませんが、牛の大きな体ですから、本来数キロ以下しか取れなければ 希少なのでしょうね。ネクタイ(別名:ノドスジ・ショクドウ)、ウルテ・・・

牛肉の希少部位、トモバラ編
さまざまな素材

牛肉の希少部位、トモバラ編

牛のバラは、肩バラとトモバラにわかれますが、トモバラは、更に外バラと中バラにわかれます。いわゆる「カルビ」のメインとなる部位です。その外バラの希少部位、中落ちカルビ、ささみ、ウチハラミ、そして中バラの希少部位、カイノミについてなどの他にもトモ・・・

おいしい肉料理は柔らかさと甘さとの関係が深い
さまざまな素材

おいしい肉料理は柔らかさと甘さとの関係が深い

「肉料理」、様々な国のありとあらゆる料理があります。しかし、そのどこに、なぜ私達はおいしいと感じているのでしょう。肉料理を左右するおいしさとは、「肉の柔らかさと甘さ」ではないでしょうか。時代の変遷と日本人が慣れ親しんできたことが影響し、味覚が・・・

牛肉の希少部位、肩バラ(前バラ)編
さまざまな素材

牛肉の希少部位、肩バラ(前バラ)編

牛の肩バラは、三角バラとブリスケなどに別れますが、牛が歩いたり、動いたりするときに常に動いている部分ですから、筋肉質になり、肉質も硬めになりやすい部分です。今回は、ブリスケではコウネについて、三角バラは、美しいサシ(霜降り)が入り、バラの中で・・・

牛肉の希少部位、ウチモモ(ウチヒラ)・シンタマ(マル)編
さまざまな素材

牛肉の希少部位、ウチモモ(ウチヒラ)・シンタマ(マル)編

モモとは、ウチモモとシンタマのこと、という考え方もあり、その場合は、ソトモモとモモを分けて考えたりします。今回は、ウチモモとシンタマの希少部位について述べてみます。といっても実は、ウチモモには有名な希少部位がありません。そのためシンタマの有・・・

牛肉の希少部位、ランプ(ランイチ)・ソトモモ編
さまざまな素材

牛肉の希少部位、ランプ(ランイチ)・ソトモモ編

今回は、モモ部位の中で、ランプ(ランイチ)とソトモモに関係する希少部位にスポットを当てたいと思います。ランプ(ランイチ)の希少部位とは?今回は特に、イチボ、ラムシンについていきましょう。ソトモモ(ソトヒラ)の希少部位とは、今回は、「シキンボ・・・

牛肉の希少部位、肩ロース・ロース・ヒレ編
さまざまな素材

牛肉の希少部位、肩ロース・ロース・ヒレ編

通常の場合、肩ロース、ロース、ヒレといえば一番高価な部位となり、希少部位についても、当然?!最高級となるところもあります。でも全体のシェアからいくと、希少部位の種類は少ないかな?とも思えます。シャトーブリアン、ロース芯(芯ロース・リブ芯)等の・・・

error: Content is protected !!