ハム・ソーセージ等の結着補強剤について
さまざまな素材

ハム・ソーセージ等の結着補強剤について

ハム・ソーセージの保水性・結着性を向上させる目的で用います。お肉の水分を保ち、肉の弾力が高まり、軟らかい食感になり、風味、色調を高め品質を向上させる働きがあります。そのせいではありませんが、ハム・ソーセージ等の結着補強剤による増量疑惑?やアレ・・・

ハム・ソーセージ等の調味料について
さまざまな素材

ハム・ソーセージ等の調味料について

ここで言うところの調味料は、醤油・砂糖・塩といった食品になるもの、ハム・ソーセージの副原材料にはいるものではなく、食品添加物としての調味料です。特にうま味を出したり、塩味を出す目的で使われるもので、この調味料は、アミノ酸、核酸、有機酸、無機塩・・・

さまざまな素材

ハム・ソーセージ等の酸化防止剤について

文字通り酸化防止のために使う食品添加物です。ハム・ソーセージ等は空気にふれる=酸化する、と変色し、風味も悪くなります。そのようにさせないため、品質を保つために酸化防止剤が使われます。酸化防止剤は、どう働くのか、よく使用される酸化防止剤ごとに、・・・

ハム・ソーセージ等の保存料について
さまざまな素材

ハム・ソーセージ等の保存料について

ハム・ソーセージ等の保存料は、食品の腐敗や変敗の原因となる微生物の増殖を抑制し、保存性を高める添加物です。微生物を殺すことを目的とした殺菌剤とは違います。保存料のリスクには、見えているものと見えないものもあります。「保存料無添加」の商品には、・・・

ハム・ソーセージ等の発色剤について
さまざまな素材

ハム・ソーセージ等の発色剤について

発色剤は、肉、肉加工品、魚卵などの変色・腐敗を防ぎ、鮮やかな色に変化させることが出来る食品添加物です。ハム・ソーセージ等の場合、発色剤は、製造過程の塩せきの工程で使用されます。ハム・ソーセージ等の場合、発色剤は、製造過程の塩せきの工程で使用さ・・・

発がん性物質とハム・ソーセージ等の危険性について
さまざまな素材

発がん性物質とハム・ソーセージ等の危険性について

ハム・ソーセージ等(食肉加工品)と発がん性物質という話になると はずすことができないのが、食品添加物についてです。 ここでは、発がん性物質として、非常に注目を集めている食品添加物8種類について述べ、 中でも、ハム・ソーセージ等(食肉加工品)・・・

鶏の内臓レシピ、内臓を食べる?!
さまざまな素材

鶏の内臓レシピ、内臓を食べる?!

鶏心臓のおすすめレシピ(とりきもの食べ方)、鶏肝臓のおすすめレシピ(とりきもの食べ方) 鶏砂肝のおすすめレシピ(とりすなぎもの食べ方)、鶏内臓のおすすめレシピ(とり内臓の食べ方) などよく使われる部位、手軽に手に入りやすい部位を使った料理を紹介・・

女性に今一番人気?!牛サガリとは&牛サガリレシピ
さまざまな素材

女性に今一番人気?!牛サガリとは&牛サガリレシピ

女性に人気の牛サガリとは、 横隔膜(サガリ、ハンテン) 牛の横隔膜の肋骨側(下部)にあたる部位。 ハラミと同様、適度に脂肪があります。肉質はやわらかです。 見た目は肉だが内蔵扱い。 一頭からハラミ2枚サガリから一枚しかとれず、非常に少ないもの・・・

豚大腸レシピ&シロコロホルモンとは
さまざまな素材

豚大腸レシピ&シロコロホルモンとは

シロコロホルモンで一躍有名に! 豚大腸(豚シロコロ) ヒモと同様に、脂肪が多く付着しています。ぶつ切りにして、ゆでて市販されています。 小腸よりも太く、歯ごたえがある部位でビタミンKを多く含みます。 厚木市でB級グルメ?の「シロコロホルモン」・・・

豚腎臓レシピ&豚腎臓(マメ)とは
さまざまな素材

豚腎臓レシピ&豚腎臓(マメ)とは

豚腎臓は、豚マメといわれます。 そら豆の形に似ていることから、この名前があります。 低脂肪、低エネルギーです。 臭みが一番の難敵?しっかり下処理しましょう。 しかし、このニオイ、否香りがいいからファンという方も多数です、 普通のスーパーでは・・・・

error: Content is protected !!