三元豚って何?おいしいの?

三元豚って何?おいしいの?
さまざまな素材

日本の豚は多くが三元豚??

雑誌でもテレビでも、美味しい豚というと「三元豚」みたいに
いわれていることが最近多く見かけます。

でも、日本で販売されている国産豚は、そのほとんどが三元豚なんです。
三元豚というのは、銘柄や品種を意味するものではありません。
3つの品種をかけ合わせたものが三元豚といわれ、総称となります。

日本の三元豚の多くは、デンマークのランドレース種(L)、イギリスの
大ヨークシャー種(W)、アメリカのデュロック種(D)のかけ合わせで、
LWDという三元豚なのです。

繁殖力があり、肉の量も多いランドレース種と大ヨークシャー種を
かけ合わせた豚(LW)の雌に、味が良いとされる
デュロック種(D)の雄を交配させ、生産性も高く、味も良い優れた豚と
なります。
まさに日本の養豚業界の長年の成果がLWD三元豚というわけです。

牛と違って純粋種が少ないのわけで、食肉として流通しているのはわずかです。
肉用豚の90%以上はこれらの純粋種を交配して作った交雑種なのです。

昔の豚は、今と比べると何が違ったか

年を重ねた方々は、昔の豚はもっと美味しかった、という方が
けっこういらっしゃるのです。
販売の最前線でも、「昔のような豚が食べたい」、「昔の豚は何が違ったのか」
と聞かれる事があるそうです。

実際のところ、販売する人たちにとってこの質問は、けっこうきつい??
なぜなら、昔、多く出回っていた豚と最近主流の豚は違うからです。

先程も書きましたが、最近の豚の主流はLWDの三元豚、しかし昔(戦前から昭和40年代前半まで)
は純粋種の中ヨークシャー種が主流でしたが、現在は全体の1%にも満たない状況で、
出会うのが非常に難しくなっているからなのです。
(中ヨークシャー種については、また後日詳しくかきます)

現在生産農場は少ないけど、肉質が良く美味しいと注目を集めてい豚には、
スペインのイベリコ豚や沖縄県産のアグー豚、ハンガリーのマンガリッツァ豚
などがあります。
高級料理などで良く耳にされる豚肉料理には、良くこの名前が登場しますね。

日本の美味しい豚の代表、黒豚

そう忘れていけない日本で美味しい豚、代表的扱われるのが「黒豚」です。
もともとイギリス生まれのバークシャー種で、明治時代に鹿児島県がイギリスから
輸入し、育ててきました。

現在、黒豚といえば、鹿児島産と言われるぐらいになっています。
(かつては、嘘の黒豚がたくさん全国で出回った時期があります。
日本全国で売られていましたが、その数量は鹿児島で育てられている頭数の
10倍以上ともいわれ、その管理・名称の使用に厳しい対応が取られた時期も
ありました)

サツマイモを食べさせられていることから脂質が非常に良く、美味しいと
いわれていますが、この黒豚は、多品種とは交配させずに、黒豚のみで交配し
純粋種のみで育てています。
(バークシャー種については、また後日詳しくかきます)

関連記事一覧

error: Content is protected !!